フライデーは笑いデー!「れりごー」編

投稿日: 2014年11月21日
Pocket

みなさん、こんにちは。「言葉の株式会社」のGarethです。

IMG_3270当社の「支社」グランフロント大阪は早くもクリスマス仕様になっています。吹き抜け下の広場には大きなツリーがあって、いかにもクリスマスっぽい雰囲気です。

さて、写真をよく見ると、ツリーの足元にキャラクターが・・・・・・そう、アナ雪ですね。
アナ雪といえば主題歌「れりごー」、「れりごー」といえば機械翻訳。

「え?なんで『れりごーといえば機械翻訳』??」と思ったことも多いでしょう。
実は、海外で密かに人気を集めている映像があって、「れりごー」の元の英語版の歌詞をグーグル翻訳にかけて、出てきた結果を歌い上げるものです。

はっきり言って、爆笑です。サビの部分「Let it go~、let it go~」が「ギブア~ップ、ギブア~ップ」になったり、そのところで「no visible legs, discrimination law is probably the queen」(註)になったりして、私は涙が出るほど笑いました。

このブログで何度も「機械翻訳はダメ」的なことを書いてきましたし、なるべくその話は避けようと思っているのですが、たまにこういう爆笑ネタを見つけるとシェアせずにいられません。

というわけで、グーグル翻訳の作詞による「れりごー」のパロディーを、どうぞご覧ください。
(歌は0:51から始まります。それまではプロジェクトの紹介)

註:その「no visible legs, discrimination law is probably the queen」のところをどう訳せばいいのか・・・「目に見える脚がない♪ おそらく差別禁止法が女王でしょう♪ 」とか?(笑)


言葉の株式会社は、大阪で翻訳・通訳・語学研修を行う会社です。
英語はもちろん、中国語やベトナム語、韓国語、ヨーロッパ諸言語の対応が可能です。
お問い合わせはこちらでどうぞ。